読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸になんか刺さった

クリエイティブディレクター西島知宏が、思考、企画、表現、言葉などについて書きます

リスボンDAY 2(テレカンと牡蠣と海老とエッグタルト)

日記

3月5日、天候晴れ。少し暖かいと聞いていたけど結構寒い。モンクレールの一番信頼の置けるダウンを持って来て良かった。UNIQLOのライトダウンを羽田空港で落としたのが痛い(日本に戻ったら問い合わせしよう)

 
んで、朝からCAVIARチームが滞在しているホテルで会議室を用意してもらい、日本のクライアントご担当者とロケ地、キャスト、使用商品等の最終打ち合せ。終了後、今日は解散ということで、折角なのでベタな所を観光する事にしました。
 
まず向かったのは「ベレンの塔」。
マヌエル1世の命により1515年に着工。もとはテージョ川を行き交う船を監視する要塞として造られたが、後に税関として使用されたそう(地球の歩き方”ポルトガル”編より) 
風が強い上に寒くて気持ちが折れる・・。
 
続いて、かの有名な「発見のモニュメント」。1960年にエンリケ航海王子の500回忌を記念して造られたそう。(地球の歩き方”ポルトガル”編より)日本でも有名な大航海時代を切り開いた偉人達が並んでいる。 
ヴァスコ・ダ・ガマ、マゼラン、フランシスコ・ザビエル。選択科目である世界史の苦い経験が蘇る・・。で、都合良くお腹が減ったということでドライバーおすすめのポストガルNo1シーフードと呼び声も高いCervejaria Ramiroへ。
 
牡蠣と海老、蟹、あさりとシーフードを満喫しました。他の客、昼からワインボトルで飲んでるし・・。 
その後、ベタな行動は続き、ポルトガルNo.1エッグタルトPastéis de Belémへ。エッグタルトというものをなめてました。超美味しかった!! 
で、ホテルに戻って日本に置いて来た仕事をしてる間に寝てしまう。 
21時半からCAVIARチームおすすめのポルトガル料理Cantino Do Avillezへ。ようやくメインスタッフと合流。 
CAVIAR AMSTERDAM、CAVIAR BRUSSELSの混合チーム。ディレクターはサムライヘアーCAVIAR AMSTERDAMのBram(写真左手前)。DPはフリーランスのDaniel(写真右手前)。AOI proからはエグゼクティブプロデューサーの神吉さん、プロデューサーの本間さん、国際部の吉川さん。
 
海外スタッフみんなもの凄くいい人達、且つ表現の細かい所まで繊細に考えていて、
商品や日本人スタッフに対してホスピタリティがあって、とても気持ちの良い作業になりそうです。 
ディレクターのBram。39歳には見えない若さ。
 
料理も日本人好みの薄味でワインのメニューも豊富でかなり飲み過ぎてしまいました。 
今の所食に外れなし!翌日は朝からロケハンなので24時過ぎに就寝。

 

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』もよろしくお願いします

有料オンラインサロン「街角の思考塾」会員募集中