胸になんか刺さった

クリエイティブディレクター西島知宏が、思考、企画、表現、言葉などについて書きます

【質問】仕事でのやらかしたエピソードってありますか? 聞きたいです。

みなさんこんにちは。お元気ですか?今日晴れてていい感じですね。そろそろ梅雨明けないかな、と毎晩考えてる西島です。因みに先週紹介したレインシューズ、とんだ食わせ物でした。足がずるむけになるくらい靴擦れしてしまい、流血祭りになってしまって、2回で引退してもらいました。イノキボンバイエ状態です。そういえばイノキボンバイエって何でなくなったんでしょうか。

 

さて、本日はask.fmに頂いた以下のご質問にお答えしたいと思います。

 

仕事でのやらかしたエピソードってありますか? 聞きたいです。

 

なるほど。人の失敗を聞いて安心しようって魂胆ですね。了解です。安心できるようなエピソードをご用意致し・・・致せなかったようです。私、大門未知子じゃないですし、仕事できる自慢とかでもないのですが、ここ12年間、穴を掘って入りたくなるような大失敗は起こさずに過ごしてこれました、多分。

 

撮影前日に飲んでいて先輩の電話で起きたらShoot(撮影開始)時間だったとか、部会の幹事で予約した店が1人3万の肉匠なか田だったとか、そういう些細な失敗(些細か?)はあったのですが、同期のように研修中に酔って寝ててウンコを漏らしてしまったとか、プレゼン開始時間にクライアントの電話で起きて泣きながら電話でプレゼンしたとか、そんな神がかったエピソードがないのが汚点と言ったら汚点なのかもしれません。

 

しかし。書きながらちょっと良さげなエピソードを見つけました。それは「クライアントとの飲みで必ず寝てしまう」というものです。私と1回でも飲んだことがある人であれば大体ご存知かと思うのですが、私は飲むと大抵寝ます。お酒を毎回飲み過ぎるというのもあるのかもしれませんが、何故か気がついたら寝てしまっているのです。このメカニズムはいまだ解明されていないのですが、あろうことかクライアントとの飲みでも発揮されていました。最初はCDにメチャメチャ怒られ、クライアントも怪訝な表情をし、営業の先輩は机の下で足を「ぎゅー!!」として来ました。私も「すいません、すいません、もうしません」と言っていました。しかし、来る日も来る日も、クライアントとの飲みで寝てしまうことをやめられずにいました。理由は一つ。

 

メカニズムが解明されていないから。

 

これにつきます。「じゃ、飲むなよ」と言われそうですが、お酒って美味しいじゃないですか。つまみも美味しいですし。しかし、状況は次第に変わっていきます。これはマッサンでエリーがみんなに受け入れられていく過程に酷似しているのですが「西島は寝るダメなやつ、だからみんなで大目に見てあげなくちゃ」となっていったのです。マッサンで言うと「エリーちゃんは外国人やから、みんなで守ってあげなくちゃ」ですね。酷似した2つの現象を踏まえ、これを「西島エリー理論」と名付けましょうか。名付けなくていいですか?そうですか・・・。

 

最終的にはドリフでいう「志村後ろ!」みたいに、「西島いつ寝るの、いつ寝るの、、、、寝たー!!」みたいにイベント化していた気がします。電通辞める直前などはトイレで鍵を締めて寝ていても、営業の先輩が10円玉で鍵を開けて入って来てくれるまでになりました。ピンチをチャンスに変えちゃったんですね。違うか。

 

私の、まー、やらかし度30点くらいから得られるアドバイスがあるとしたら

  • 継続は力なり

じゃなくて

  • 若者よ、ウコンを飲みたまえ

ですかね。全く中身のない記事になってしまい自分でも恐いくらいですが、今日はこの辺にしときたいと思います。鏡龍太郎でした。

 

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』Amazon、Kindle、楽天ブックスで絶賛発売中

有料オンラインサロン「街角の思考塾」会員募集中

【おすすめの記事】

▶ 【質問】広告業界の新人です。正直暇です。忙しくなるにはどうすれば良いでしょうか。

▶ 仕事は優秀だけど論破を嫌う社員とどう付き合うか?

▶ 広告業界は伝え方が9割

▶ はじめに勝っている人が、最後に勝つ人じゃない