読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸になんか刺さった

クリエイティブディレクター西島知宏が、思考、企画、表現、言葉などについて書きます

街で見かけた名ポスター「Audible」

街で見かけた

先週、渋谷駅で見かけたポスターの、コピーのレイアウトがとてもユニークで目に留まった。商品はAmazonの「Audible」。

Audibleは、アプリで小説やビジネス書、落語などを自由に聴けるアマゾンの新しいサービスです。(Audibleサイトより)  

 

「赤毛のアン」のストーリーがサウンドスペクトログラムのようにレイアウトされているのですね。

これは「コピーがビジュアル化」されているんですね。

 

日本ラグビーフットボール協会のポスターや

f:id:t_nishijima:20151113162044j:plain

 

キリンカップ2003「日本 vs アルゼンチン」の新聞広告も

f:id:t_nishijima:20151113164123p:plain

同じくコピーをビジュアル化した名作ですよね。

 

ということで「コピーのビジュアル化」のお話でした。

 

【おすすめの記事】

▶ 街で見かけた名コピー「あの歌みたいなクルマをつくれないか。」

▶ 6つの名作映画に見る「刺さる言葉の作り方」

 

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』もよろしくお願いします

有料オンラインサロン「街角の思考塾」会員募集中