胸になんか刺さった

胸になんか刺さったことを書きます

ファンキー加藤の謝罪コメントの後に曲名を入れたらしっくりきた

本日はお忙しい中、お集まり頂き、本当にありがとうございます。本日発売の「週刊女性」ですが、記事に書かれていることはすべて事実です。現在は相手の女性との間に子供を授かっています。また、認知もさせてもらっています。養育費等、今後についての話も現在させてもらっています。このような状況になってしまいましたが、生まれてくる子供のために、自分自身何ができるかしっかりと考え、向き合っていきたいと思っています。こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん、本当に辛い思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます。

それでは聞いてください。「ちっぽけな勇気」

 

(略)こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん、本当に辛い思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます。

それでは聞いてください。「LIFE IS A PARTY」

 

(略)こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん、本当に辛い思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます。

それでは聞いてください。「大丈夫だよ」

 

(略)こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん、本当に辛い思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます。

それでは聞いてください。「悲しみなんて笑い飛ばせ」

 

(略)こんな自分のことをそれでも支えてくれている妻と家族、そして柴田さん、本当に辛い思いをさせてしまいました。この場を借りてお詫びさせていただきます。

それでは聞いてください。「涙」

 

ちっぽけな勇気と、ちっぽけな良心を胸に。これからも頑張ってください。

 

ビジネスアイデア、企画、就活の発想に。「思いつかない人のコンテンツ思考塾」会員募集中!

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』もよろしくお願いします

【おすすめの記事】

▶ もしも野々村議員が「鶴の恩返し」を読んだら?

▶ 堀北真希に1通のラブレターを書いてみた

▶ 上西議員のセクシー自叙伝にキャッチコピーをつけてみた

▶ ピース又吉が次に出しそうな本のタイトル10選

▶ 勘違いして4年で電通を辞めたらエラい目にあった、俺死ね!