胸になんか刺さった

クリエイティブディレクター西島知宏が、思考、企画、表現、言葉などについて書きます

13年前、電通に入社した頃の自分に伝えたい10のこと

このエントリーで昔のことを思い出したので、もう1記事書いてみます。

 

2003年、電通に入社した。築地の電通ビルで内定式を行った最後の世代であり、汐留の電通ビルで入社式を行った最初の世代。別にだから何だ、という話だが、それから気がついたらもう13年もの月日が経つ。クリエイティブ職に就いてからも13年。振り返ってみれば失敗ばかりだった気がする。「もうちょっとやりようなかったのか」最近時間ができるとそんなことばかり考えてしまう。もし13年前、汐留の電通ホールで早く帰ることしか考えていなかった自分に会えるとしたら、伝えておきたいことをまとめてみた。

 

1. お前は「最後の砦」だ

自分を「最後の砦」だと思って仕事をしている人間と、そうでない人間の成長のスピードは、プラレールとリニアモーターカーくらい違うぞ。「絶対にミスを見逃さない」「絶対にこのプレゼンで決める」「絶対に俺の案で決める」そう思いながら仕事してる人間になるか。「先輩がいる」「デザイナーだからコピーのことは関係ない」「失敗しても会社の責任」そう思いながら仕事をする人間になるか、お前の未来は心持ち一つで決まるぞ。

 

2. とにかくネタのストックだ

優秀な人間ほど、情報の収集に余念がない。優秀な営業やプロデューサーは常に新しい「組み手」を探していて「こういう仕事が来たらここに相談しよう」「こういう問題が起きたらこう対処しよう」とシュミレーションしながら、始まってもいない仕事に対して準備している。お前がいるクリエイティブも同様、優秀な人間ほど、頼まれてもいないのにネタのストックを死ぬほど抱えていて、ものすごい量の引き出しを持っている。仕事が「来てから」考える人間との差は、歴然となる。

 

3. 仕事は「引き」だ、「押し」じゃなくて

「引き」のコミュニケーションの使い方が、「イケてるビジネスマン」になるか、「可もなく不可もないビジネスマン」になるかの分かれ目になるぞ。相手を見て、状況を見て、押しすぎるとここではマイナスだ、と感じた時は引き、発言しない方が良い局面では発言しない。また、馬鹿なふりをした方が良い時は大笑いし、馬鹿になりきる。「あいつと仕事すると何か楽しいんだよな」「あいつの言うことは断れないんだよな」と言われるのは、そういう人間だ。

 

4. 仕事は整理だぞ

仕事を整理できる人間は強いぞ。すべての打ち合わせの前に議題を整理し、「今日決めたいこと」を打ち合わせの前、参加者に明示する。そして、打ち合わせの場で最短時間で決めないといけないことを決める。打ち合わせの終わりには結論を伝え、「今日決まったこと」をメールでシェアしみんなの認識にズレがないようにする。整理することは、無駄をなくすことにつながり、効率と自分の精神的、肉体的余裕を生んでくれるぞ。

 

5. 人への頼り方を学べ

「自分ができないこと」を知れ。できないことは無理して自分ではやらず、できる人に任せる。その代わり「頼るべき人、会社」を必ず準備しておけ。また「サボり方」も学んでおけ。勝負時にフルコミットできるよう、上司や同僚、パートナーに頼りながら「自分が一番力を発揮できること、タイミング」を見極めろ。

 

6. お金の話がうまくできる人間になれ

お金の話はビジネス上一番重要だぞ。自分が受注側であれ、発注側であれ、はじめにお金の話をきちっとしてモヤモヤを残さないことが重要だ。自分の要望を伝え、条件が折り合わなければ撤退することも必要だ。受注したからには相手が想定していなかった何かを付加して納品しろ。それが次の仕事の、同じ金額での受注につながる。発注したからには値切ったりするな、自分の言ったことに対しては身銭を切ってでも責任を持て。それが信頼を生む。

 

7. 第三者視点でモノを見れる人間になれ

第三者視点でモノを見れる人間になると仕事の仕方が変わってくるぞ。自分のエゴや「やりたい」だけでなく、そのアイデアが採用され、世の中に出て行くまでにどれくらいの、どのような人が関与し、どのようなフローで決裁されていくのか。また、そのアイデアが世の中に出た時、どのようなモノとして受け入れられるのか。それを第三者視点で捉えようとすることで仕事の精度は高まってくる。

 

8. 誰にも負けない何かを習得しろ

同じ仕事をしている人間は、みんなその仕事のプロだ。しかし、もう一つ誰にも負けない武器を身につけることで自分の強みはかけがえのないものになる。「フィギュアに強い」でも「アフリカのサッカーの歴史のことなら誰にも負けない」でもいい。自分が絶対一番だと胸を張れる何かを習得し、それを仕事でどう生かすか、それを常に考えておけ。

 

9. いつまでも「自分は未熟」だと思え

「現状の自分」に決して満足してはいけない。自分に足りないものは何か、自分が好きでまだ取り組んでいないものは何かをつねに探し続けろ。「自分はまだまだ素人だ」という意識をつねに持ち続けろ。「今の自分には何が足りないのか」を分析し、その足りないものを身につける努力を続けることこそが、誰にも負けない「自分」を生む。

 

10. 自分の誤りは簡単に認めろ

自分が誤っているとわかったらすぐに謝れ。プライドの高い人間ほど、自分の正当性を示すために無駄な時間を過ごしてしまう。社内も、クライアントも同じ方向を向いたチームメイトだと考えられれば、自分の失敗ではなく、チームの成功だけに目を向けられるぞ。

 

以上、13年前の自分は知らなかった。それでいて自分が13年間で学んだことの中で必要だと思う10のことをまとめてみた。これからの仕事人生も、この10を大切に持っていきたいと思う。

 

独立を密かに狙っている人はこちらもどうぞ ▶ 勘違いして4年で電通から独立したらエラい目にあった、俺死ね!

 

読むだけで身につく企画塾」会員募集中!

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』もよろしくどうぞ

 

Instagram