読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸になんか刺さった

クリエイティブディレクター西島知宏が、思考、企画、表現、言葉などについて書きます

【この言葉に注意しろ!】禁断のビジネス用語12選

当たり前の話ですが、ビジネスシーンにおいては、ビジネス用語というものが多数存在します。外資っぽいカタカナ文字からニッチな専門用語、隠語に至るまで。よく分からないものも多数存在します。

 

そこで本日は、そんなビジネス用語の中から特に注意すべき言葉を12個ご紹介したいと思います。言葉の本当の意味を理解することで、あなたの仕事は今までにないくらいはかどるはずです。知っていて損はありません。

 

それでは、どうぞ。

 

今月忙しい

「君とは仕事したくない」の意。「今週忙しい」は、本当に忙しい可能性がありますが「今月忙しい」は絶望的、全く時間を割く気がありません。つまり「今月忙しい」と言われたら「君とは仕事したくない」の意思表示であると捉えましょう。この解釈は、仕事のみならず恋愛にも適用可能で、お目当の異性から「今月忙しい」と言われた時は、潔く次へと向かうのが賢明と言えます。

 

【用例】
「競合プレ参加してくれない?」
「やりたいんですけど、今月忙しいんすよ」
「いや、でも昨日、合コンしてたらしいじゃん?」
「今日からの今月、忙しいんすよ、かなり」

 

じゃないけど

「何があっても私は責任をとらない」の意。言いたいことのすべての語尾に「じゃないけど」をつけることにより、いざという時100%責任逃れができると信じられている。

 

【用例】
「だからさ、クライアントの社長が怒ってるんだって」
「え!? だってあの企画、社長の指示じゃないすか!」
「何か、娘に言われたんだって。あんな広告作るなんてパパ気持ち悪いって」
「嘘でしょー! どうしましょ?」
「うーんと、取り急ぎお前だけ謝りに行く、じゃないけど・・・」

 

調整する

「調整する気がない」の意。ビジネスの現場においては立場上優位に立つ方が、その場をしのぐ時に使用する。

 

【用例】
「予算の件、何とかなりそうですか?」
「調整するけど、厳しそうだよね」
「何とかお願いしますよ」
「調整する方向で、調整してみるよ」

 

行けたら行く

「絶対に行かない」の意。「行くかボケ」と言うと角が立つので、オブラートに包みながらも「行かない」ことの意思表示をする。言われた方も「あ、来ないんだな」と悟ることができる。

 

【用例】
「来月のゴルフコンペ行くの?」
「来月っすか? 読めないっすねー」
「でも役員全員来るぞ」
「だからダルいんっすよー、先輩行っといて下さいよ」
「お前は?」
「行けたら行くっす、あくまで行けたら」

 

ある気もするけど、ない気もする・・・

「全然ダメ」の意。相手の意見を表立っては否定できないけど、心の中では全力で否定したい時に使われる。

 

【用例】
「なぁ、俺いいこと考えたんだけどさ、新商品の発表会にピコ太郎呼ぶとか良くない?」
「ある気もしますけど、ない気もしますねぇ。なにせ、商品が生理用品ですから」

 

グリップする

「言うことをきかせる」の意。言うことの聞かない社員を力づくでマウンティングしたい時に使われる。

 

【用例】
「ちょっと山中ちゃん、あの生意気な新入社員なんなのよ? 俺が話してる時ずっとポケモンGOしてたよ?」
「グリップできておらず、大変申し訳ございません。今すぐテトリスに変えさせますので」

「オッケー」

 

握る

「口約束を交わしている」の意。正式な契約は交わしていないが口約束で合意が取れている時に使用される。時に「握れていたはずなのに、握れていなかった」という事態が発生する。

 

【用例】
「いやー、この前先方の担当者とゴルフ行った時、来期の予算握っといたから、もう大丈夫よ」
「え? でもさっき、来期のプロジェクトは別の会社にお願いするって連絡ありましたよ」
「嘘だろ?」
「何か別の会社の担当者とゴルフ場で話がついたって」
「あー、握れてなかったのかよ!」

 

機会があれば飯でも

「仕事で関わるのはやめましょう」の意。仕事をしたことがない相手でも、仕事をしたことがある相手でも、とにかく「もう一緒に仕事をしたくない」時に使われる。

 

【用例】
「へぇ、田中さんてそんなことやられてるんですか? 凄いですねぇ。今度しご」
「飯でも行きましょうかね」
「いや、飯だけと言わずしご」
「西麻布にいい寿司屋があるんですよー、是非行きましょう御社の経費で」

 

○○ベースで

「そこはあやふやにしてくれ」の意。自分の意思で決定を下したくない時に使われる。

 

【用例】
「今回のプロモーション予算ってどれくらいでそうでしょうか?」
「それに関してはご相談ベースで進めていければと・・・」
「プロモーションのローンチはやはり4月ですか?」
「そちらに関しても成り行きベースで進めていければと・・・」

 

あとは任せた

「今日は帰らせてくれ」の意。本質的に任せるという意味ではなく、合コンかデートか女子会か。とにかくその日絶対帰りたい時に使われる。

 

【用例】
「次に、スケジュールの話ですが・・・」
「あとは任せたわ。田中さん信用してるから、よろしくね」
「あ、ありがとうございます! 光栄です!」
(後日)
「ちょっとあんた、何勝手なことしてんのよ!」
「でも先日任せるって?」
「覚えてないわよ、そんな事! 頭おかしいんじゃないの?」

 

バズるやつ

「安い金でいいもん作れ」の意。CMを作る予算はないので、ネット上で効率良く拡散するものを安く作って欲しい時に使われる。

 

【用例】
「バズるやつ頼むよ」
「いや、でもこれ就業規則紹介ムービーですよね?」
「できるっしょ? 田中ちゃんなら100万PVくらい行くやつ」
「就業規則がバズるなんてことは・・・」
「絶対行けるよー? ほら、うち交通費3万円まで全額支給だから・・・」

 

聞いてない

「はしご外します」の意。合意が取れていたはずの事を、自分が聞いてないとする事で100%相手に責任をなすりつけたい時に使う。

 

【用例】
「清算御見積書がこちらです」
「え? なにこれ? 金額倍になってるじゃん、聞いてないよ!」
「いや、でも昨日メールで金額は了解ですって」
「言ってないよー、社長、私言ってませんよ! 困るよー田中ちゃん、予算500万って言ったじゃん」
「いや、要件もかなり増えてますし」
「聞いてないよー、いや、とにかく聞いてないよー」

 

まとめ

いかがでしたか? 表面的な意味合いと、裏に潜んでいる意味の乖離の激しさをご理解頂けたと思います。ビジネスにおいては「知っていること」が時に身を助けることがあります。今日ご紹介した12の言葉を手帳に書き留めて、リスクを排除し働いて頂ければと思います。

 

【こんなのも書きました】

▶ 広告会社が潰れる前に起こる8つの予兆

▶ 13年前、電通に入社した頃の自分に伝えたい10のこと

▶ 広告代理店マンが吐いた名言ランキングTOP10

 

思いつかない人のコンテンツ思考塾」やってます

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』もよろしくお願いします

 

Instagram