読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

胸になんか刺さった

クリエイティブディレクター西島知宏が、思考、企画、表現、言葉などについて書きます

【この3つで完璧】刺さるタイトル、売れるネーミングを生むための思考法

こんにちは。突然ですが、「タイトル」や「ネーミング」で悩んだことありませんか?

 

学生だったら就活時の「自分を表現したキャッチフレーズ」、社会人だったら自分が関わった「商品やサービスのネーミング」、ブログをやっている人だったら「ブログのタイトル」、twitterやInstagramを始めようとしている人だったら「投稿のタイトルや内容」などなど。

どんな職業の人でも、日々タイトル付けに頭を悩ませてたりするのではないでしょうか。中身がとても良くできているモノだったり、とても魅力的な人であっても、タイトルが良くないと台無しになってしまうことも多々ありますので、タイトル付け、ネーミング付けは非常に重要な作業です。

 

そこで、今日は刺さるタイトル、売れるネーミングをつけるために重要なことを書きたいと思います。

 

ポイント1:そのタイトルは、アイデアをうまく言いえているものか?

例えばサッカーを始めたばかりのあなたが、シュート方法を学びたいとします。

 

「シュート練習法」

 

という本を、Amazonで購入、家で早速読み始めました。そこに書かれていたのが「野球のシュートボールの練習法」だったらどうでしょう? いくら画期的な「シュートの投げ方・練習法」が書かれていても、そもそもサッカーをやっているあなたにとってその本は、まったく価値のないものです。この本のタイトルは、こうあるべきでした。

 

「初心者ピッチャー向けシュート練習法」
「三振が獲れるシュート練習法」

 

「ノーバン始球式」を「ノーパン始球式」に見間違えさせて動画を再生させる、というのは「見間違いをさせる」ことそのものが目的化されていますので、動画の内容とタイトルが一致していなくても良いと思いますが、通常「タイトルを見て再生したけど内容が違う」というのは「釣りタイトル」として敬遠&非難の的になってしまいます。

よって極力タイトルは「アイデアを言い得ているもの」にすべきです。当たり前と言われれば当たり前なのですが、以外とブログのタイトルなどを見ているとタイトルから中身が全く想像できないというものが多いのもまた事実です。

 

もう1つ例を出します。あなたが開発に携わった「革新的な電気自動車」のネーミングがこうでした。

 

ミランダ・カー

 

どうでしょう? 発表した瞬間会場が静まり返りそうですよね。革新的な感じは全くしないし、ネットで馬鹿にされそうだし最悪です。「そんなネーミングつけるか!」と言われそうですが、意外と当事者になると客観的な視点を失って「アイデアと遠いもの」になることがあるので注意が必要です。

 

そのタイトルは、アイデアをうまく言いえているものか?

 

タイトルやネーミングを考える際には、まず注意してください。

 

ポイント2:そのタイトルには、アイキャッチがあるか?

アイデアには、永遠につきまとう宿命のようなものがあります。それは

 

見られない前提にある

 

ということです。いくらアイデアが魅力的なものであっても、タイトルが良くないと、見てもらうことすらできないことがあります。一つ例に出しましょう。面接に来た学生が慶應卒の超イケメン、しかも体育会野球部のピッチャーで4番だったとしましょう。エントリーシートにこう書いてありました。

 

「慶應大学野球部4番でピッチャー、田中です」

 

凄いと言ったら凄いのですが、何百人も面接をした担当者だったらうっかりとその凄さを見過ごしてしまうかもしれませんよね。しかし、こういうタイトルだとどうでしょう?

 

「慶應大学の大谷翔平、田中です」

 

すごくキャッチーになりませんか? 4番でピッチャーという「凄さ」を上手く言い得ています。この2つのタイトルの違いは

 

アイキャッチがあるか、ないか?

 

です。就活で言うと、何百、何千という就活生の中で「誰も使っていないワード」を使っているか、が「目にスッと入ってくるアイキャッチを作れるか」になります。ライバルが多ければ多いほど、自分を言い得ているアイキャッチを意識してタイトル付けをする必要があります。「慶應」出身の就活生は何百人もいるし、「野球部」も「4番」も同様で、文字を「ビジュアルとして」訴えかけるには弱いです。しかし「大谷翔平」という言葉を入れることで文字がビジュアル化し、目に止まりやすくなる。埋もれないタイトルになるのです。「自分を言い得ている」アイキャッチがあるか。とても重要なポイントです。

 

そのタイトルには、アイキャッチがあるか?

 

必ず意識して下さい。

 

ポイント3:そのタイトルは、口に出して恥ずかしくないものか?

タイトルやネーミングがヒットするためには、何が必要でしょうか? 

 

人々の言の葉に登ること

 

ですね。言い換えると

 

数多くの人に口に出してもらうこと

 

です。とすると不利になるタイトルはどういったものでしょうか。

 

エロと差別用語

 

ですね。以前私が映画館のチケット売り場で見た象徴的なシーンをお話しします。自分が何の映画のチケットを買おうとしていたのかは忘れてしまったのですが、とにかく隣のカップルが「おっぱいバレー(綾瀬はるかさん主演)」のチケットを買おうとしていたのですが、何かもうものすごく恥ずかしそうだったんですね。「もうこんなに恥ずかしいのなら他の映画にしない?」といった雰囲気すら出ていました。

それを見た時に私は思いました。「キャッチーなだけじゃダメなんだ」と。「綾瀬はるか主演”おっぱいバレー”」というだけでとんでもなくキャッチーで話題になりそうですが、こんなネガティブな影響があるんだと。

覚悟の上でつけるのであれば問題ないと思いますが、キャッチーに走りすぎて言の葉に乗せにくい言葉を選んでしまうと、ビジネスの現場ではとんでもないことになるなと気づくことができました。

 

そのタイトルは、口に出して恥ずかしくないものか?

 

タイトルやネーミングを考える時は、拡まる現場を想像することも重要ですので、ぜひ参考にして下さい。

 

まとめ

ということで、刺さるタイトル、売れるネーミングを生むために重要なことを3つお伝えしました。思いついたタイトルやネーミングの自己検証法としてもおすすめですので、ぜひデスク脇において、発想時、検証時にお使い頂けると嬉しいです。

 

【こんなのも書きました】

▶ アイデアが出ない時に試すべき8つの思考法とテクニック

▶ 「何も思いつかない」人が、100のアイデアを作れるようになった話

▶ 48万PVを超えたので、ブログのアクセス数アップに繋がる記事の書き方教えます

 

思いつかない人のコンテンツ思考塾」やってます

著書『思考のスイッチ ~人生を切り替える11の公式~』もよろしくお願いします

 

Instagram